繊維筋痛症の日記。

繊維筋痛症です。 私の経験、考え方を公開し誰かのお役に立てたらと思いブログをはじめようと思います。 ただ、私自身難病です。 痛みによって、発言に責任持てません。 痛みで記憶がないとき、薄い時があります。 人格や考え方が変わることがあります。 それがこの病気の一面です。 もし私を参考にしたり意見を持つときはご自身でご判断された上で、お願いします。

骨折しました線維筋痛症の日記。

こんにちは。

線維筋痛症ステージ3です。

 

生まれて初めて骨折しました。

もうビックリ!

全治2カ月だそうです(>_<)

 

年末から家族が風邪で

先週から両親が揃ってインフルエンザに。

 

放っておくわけにはいかないので、身体にムチを打って家事をしてましたら、家の階段を降りてる最中に激痛が走り身体が動かなくなって転倒。結果、骨折です^_^;

 

もうめちゃくちゃショックで。笑

骨折かぁーって感じです。

 

まぁ、看病疲れなので自分を責めることはなく仕方ないのですが、普段から慢性激痛なのに新たに痛みや問題がでできました。

 

右足の足首を骨折しましたが、

右足の付け根が血流悪くてむくんでます。

 

左足は右足をかばい、

腕で体重を支えてるので

筋肉痛、神経痛、頭痛もかなり。

体は繋がってるので連鎖反応ですね^_^

 

 

このタイミングでものすごくストレスなのが弟との関係性です。

特に普段わたしは痛みについてネガティブな発言を家族にしないタイプですが、両親の看病&骨折&線維筋痛症が重なりもう痛みでイライラがMAXで(>人<;)

 

ちょっと独り言でぐちぐち言ってたかなぁ。

おそらく、それも弟にとってかなり嫌だったのだろうなぁと思うのですが..

 

そんな時に油を注ぐのが引きこもりニート大学四年生の弟です。

(両親に甘やかされて育ったためプライドが高く、他人に厳しく自分に甘い。家事やバイトが怖くてできず、留年と浪人を繰り返し、就活もせず死にたい。こんな家族やだからはやく結婚したいとマンガの主人公のような迷言をする体は健康な弟です;)

↑まだまだ愚痴行けるくらい相当わたし溜まってます、不満。汗

 

そう。

彼にとってたぶん私の独り言の内容が嫌だったと思うんです。

 

それでその後に、

わたしが声を荒げて両親に

薬は飲んだ?

これと、これと、これだよ!

ねぇ聞いてる?

聞こえるように大きな声で言ってた時。

 

「なんなんだよその態度。そんなんじゃお前が困った時に誰も助けてくれないぞ。性格悪いんだよ。」

 

もう、私はこれにブチギレ。

なら骨折して線維筋痛症の姉に看病を任すなよ、文句の前に手伝えよと言いたいわけです。

 

でも言っても仕方ないので黙ってると、今度は近づいてきて

 

私が骨折した写真をSNSに公開して友達のネタにしてる。添えた文章は
「姉が骨折した。仕事してなくてよかったな、お前。」

 

とか。

本人の許可なく勝手にSNSに載せる自体、肖像権の侵害だし。普通にあり得んだろ..( ̄∀ ̄)

 

そういうことを注意すると、逆ギレされる。両親は引きこもってる弟の味方をするので、彼は自分に非があるって思わず。いつも

 

お前が悪い。

の一点張り。

 

他にもいろい〜ろあるんです。

 

私は病気で働けないけど

働きたい憧れや意欲があるのでたまに求人情報取り寄せると

「はやく働けよ。」

と一言吐いて立ち去ったり。

 

いや、お前も引きこもりとマザコン

そして性格直せよって思います(笑)

 

本人は自覚してないですがマザコンのため、母の作った料理しか食べませんので、インフルエンザなのに母が作ってます。

 

もう彼の生活態度とか言動はほんと大嫌い。人に優しくしてもらってお礼を言えないのに、人に文句ばかり言ってるのは許せない...(T ^ T)

 

と、いう感じです。

もう〜!爆笑

 

まぁ、彼なりにその発言をする理由があるはずですが、なんせ口数が少なくプライドが高いので何考えてるかなぜか隠す。

 

話し合いをしたいと言っても、なぜかその言葉でキレる始末。

 

たまに話したかと思えば

文句しか言わない。

 

私にとってはもうそんな弟の態度が限界なんです。

 

集団は家族しか知らないから、甘え放題のお山の大将だし。何しろ困ったり嫌なことがあったら、話し合いを避けて部屋にこもって出てこないから。

 

あと、会話の中で褒めたり上機嫌のルンルンでいないと彼は不安になるみたいで(母親がそうなので、女性はすべてその態度だって思い込んでる)

わたしもそんな態度をしないと、不機嫌になるという世間知らず。

 

..アホなのかとほんと。涙

とにかく家族に養ってもらってるんだから感謝しなさいって思う。

(感謝してるだろうけど、それは言葉に出さないと伝わらないし。常に不機嫌で俺が正しい!っていう威張る態度が強すぎる)

 

わたしから見るともう、その生活態度は引きこもりとか鬱じゃないんです。

ただの弱虫の卑怯なんですね(T ^ T)

 

親は完全に弟の味方。

素晴らしい親です。

わたしには絶対に真似できませんよ。笑

 

彼に自立してほしい。

関わりたくないよ〜

 

なーんて家族だから

そんなこと無理だけどね^_^;

すみません。

 

はいっ、

ずずずーん!

とくる愚痴はこのくらいにして。笑

 

話を線維筋痛症に戻すと!

この数日の骨折、インフルエンザの両親、弟について心体のことがありました。

 

こういった時に思い出すのは病院の先生に言われた言葉。

 

線維筋痛症にとって

ストレスや激痛時の日常生活(家事、食事、お風呂)は体に負荷をかけ治療の妨げになり、無理すると悪化させる引き金になってしまうというアドバイスを先生に受けました。

 

まさに今の自分の状態かなぁ。

弟のストレス!

 

そうなんです。

大きなストレスって呼吸を浅くしたり、血流をすこし弱めてしまうよう➡︎胃腸に血流や酸素が普段通り回らなくなる。

 

で、その時間が長引くと体が危険信号で痛みを広めたり、強めてしまうらしいです。

もしくはストレスに緊張して凝ったりです。

 

そんな時はストレス発散、

深呼吸、

入浴大事! 

 

なのでストレス発散を兼ねてこちらに「線維筋痛症ができる仕事とは?その2」を更新しました。

 

イデア3と4を追加しました。

よかったらチラ見してくださいね^_^

http://sotokare.hatenablog.com/entry/2017/05/19/232447

 

なにかのご参考になればですm(_ _)m

 

 

両親のインフルエンザは金曜日に終わる予定なので甘えちゃおーかな(o^^o)♪笑