繊維筋痛症の日記。

繊維筋痛症です。 私の経験、考え方を公開し誰かのお役に立てたらと思いブログをはじめようと思います。 ただ、私自身難病です。 痛みによって、発言に責任持てません。 痛みで記憶がないとき、薄い時があります。 人格や考え方が変わることがあります。 それがこの病気の一面です。 もし私を参考にしたり意見を持つときはご自身でご判断された上で、お願いします。

繊維筋痛症が行える仕事とは?その2

繊維筋痛症ステージ3です。

体の痛みで普段の生活をすることが難しく、仕事もできません。お買物、家族と話すこと。

呼吸、寝てることさえ痛みで苦痛です。

 

この病気に関わらず、病気が理由で普通の生活ができなかったり。そのために暮らすのに十分な生活費が稼げなかったり。

 

心とは反して、自分の意思で体をコントロールできない人いるんじゃないかな。

 

私は親と暮らしてるから家賃は掛らず、かといって家の家計もギリギリみたいで残り少ない貯金を崩して家に生活費を入れたり。病院代にしたり。

 

でもそのうち病院も行くお金もないんだろうなーって。するとただでさえ体調不良で不安な毎日を送ってるのに金銭面でも絶望的になってくるよね。

 

だから家にいても、病気でまともに体が動かなくて。働けなくても少しでも収入につながる方法を探してて。

 

もしかしたら稼ぐ人は、できるかも知れない方法を思いついたらここに追記してきます。

 

かといって、私は実践してなくて思いつきなので責任とれないです。自己判断でお願いします。

 

 

イデア1

自分の病気の体験を電子書籍とし、売る。

KindleAmazonで100円とか300円で売ってる電子書籍があって。どうやらルールに乗っ取ればプロ作家じゃなくても作れるみたい。だから病気になった経緯、経過、今の状況、将来のことをストーリー仕立てで書いたらどうかな。芸能人もよくしてるし。出版したら、それを宣伝するのはSNSとかでもどこかの掲示板でもいいし。友達にでもいいしね。文章を書くのが好きな人なら体調がいい時だけ書いて、悪い時は寝てられるしいいかなって。

上手くいけば、寝込んでる時もネットをみた誰かが電子書籍を買ってくれるかもしれない。すばらしいです!!

 

イデア2

病気は明かさず、何か得意なことをネタにして電子書籍を売る

例えば、おいしいご飯やお菓子のレシピ。地元のうまいメシ屋一覧。ソーイングの作り方。そういうのを、みんなみても理解できる文章と、画像にして電子書籍にしちゃう。ここで、病気ありますっていうと、本の内容より「病気だったんだ?!」っていう先入観が強くなるのであまり言わずに。300円や500円など設定したら期待できそうな気がするな

 

 

今日はここまで。

また追記いたします