繊維筋痛症の日記。

繊維筋痛症です。 私の経験、考え方を公開し誰かのお役に立てたらと思いブログをはじめようと思います。 ただ、私自身難病です。 痛みによって、発言に責任持てません。 痛みで記憶がないとき、薄い時があります。 人格や考え方が変わることがあります。 それがこの病気の一面です。 もし私を参考にしたり意見を持つときはご自身でご判断された上で、お願いします。

今日のひとりごと。2017.3.1

線維筋痛症ステージ3です。

 

ご存知でしたか?

医師から病気と診断され、さらに医師からはり、マッサージなど必要な病と診断された場合、保険が適用されるかもです。

 

ただ、ご加入されてる保険によっては対象外です。

 

病気が長く手取りが少ないと、たとえ1カ月数千円でも1年に換算したとき、収支のバランスが崩れてる時ありますよね。

 

そんな時は、医師からはりやマッサージなど必要と診断されていれば、保険が使えるかも。ご加入のところへ聞いてみるのもいいかもです。

 

ただし、適用条件は加入元によって色々条件あるようですのでまずは期待の前にぜひお調べするのをお勧めします。

 

また、通ってるはり、マッサージのお店にも申請書を書いてもらわないとだめです。もしかしたら嫌な顔されるかもです。(申請書を書かないといけないため)

 

わたしは言われちゃいました。「書いたら何を奢ってくれるの?大変な労力だよー。わりに合わないよ。病気じゃないからいいでしょ。」

 

お手数やご迷惑おかけしてごめんなさい。っでも、病人に。しかも難病の人に「病気じゃないからいいでしょ。何を奢ってくれるの?」、、って。

 

ひどいよねー。

私が病気じゃなかったら、なんで痛いの?病院から病気って診断されてるの?普通に生活できないし、仕事もできない。薬では治らない。自分でコントロールできないんだよ、自分の体なのに。それがどんなに悔しくて、辛いのか。

 

それでも良くなることを祈って色々と努力してるのにさっ。ひどい人ねー。

 

でも、申請書書いてもらうように粘りました。40分くらい、、そしたら書いてくれるって!笑

 

申請、上手く通るといいな。

すっごい心配だけど、やってみなくちゃわからないよね。

 

追伸、そのマッサージのお店の方はその後会った時にとても対応が変わってました。繊維筋痛症を詳しく知らなかったみたいです。私の説明も足らなかったと反省。そしてよくしてくれました。